和太鼓の祖型へと遡る




「和太鼓」ってすごくシンプル

刳り貫いた丸太に皮を釘で留めただけ
ジェンベやコンガやケテやらよりよっぽど原始的

で有りながらあのパワー
たまらんよね

シンプルさの極まりだとつくづく思う

和太鼓といえば
欅やなんか比較的堅くて重くて詰まった木質と
頑丈さ抜群の牛皮

だけど堅い木は大変なんだよね
扱うの
重いのも大変
牛の皮張るのなんてジャッキで張るんだから
そういう道具や設備を整えようと思ったら考えるだけで大変


でもそれって
もっと!もっと!!もっと!!!
と音にパワーを求め続けた結果の話で
最初からそういうんじゃぁなかった
と思うんだよね

その始まりはどんなだったろう
シンプルなスタイルの素朴な祖型は

俺が興味を惹かれるのはソコだな

始まりの萌芽
ナニモノになるのも自由
まだ何も定まらないけれど勢いだけは溢れ出してる
そんな始まりの地点へと遡ってみよう

ザックリとテキトーに
太鼓を作りたい!
っていう初動の衝動だけをそのまんま形に


f0257789_23314345.jpeg

柔らかく軽い桐をサクサク刳り貫き
柔らかくしなやかな鹿皮を
ロープやボルトやジャッキも使わない
皮だけで
皮で作った紐だけで張ってみたら…


f0257789_23352344.jpeg
f0257789_23361616.jpeg
f0257789_23365964.jpeg




意外とパワフル!
こんなに張れると思わんかった
そして深い味わいの音
皮紐で張るスタイル面白い
これはハマりそうな予感…





[PR]
by kei-grande | 2018-10-30 23:39 | Outros その他 | Comments(0)