カテゴリ:Berimbau ビリンバウ( 2 )

f0257789_20530288.jpeg

なんか最近ふっきれたんです。

2000年にビリンバウという不思議な楽器と出会って以来、すぐに作り始めたものの…
なかなか思うような音を作れなくて。

でも“思うような”というのは思い込みなんだと、ふっきれたのです。

素材が持っている音を引き出してあげたら、
たとえそれが“思うような”音でなかったとしても、
気持ちのイイ、心地のイイ音ならそれでイイのかな。

それでイイや。

と。

イベントや出店でいろんなところへ出掛ける折に持ち歩いては人に聞いて貰うなか、
人が耳を傾けるのは、
らしい音や凄いテクニックにじゃなくて、
純粋に身体に気持ち良く心地良く響く音そのものなんだ
ということにしとこう、と。

かつてビリンバウがまだカポエイラと出逢う以前、
物売りや吟遊詩人らが奏で人々の耳目を魅いたのと同じ、
路上での学び。


自信を持って作ろうと思います。
変な面白い気持ちのイイ音のビリンバウも。

カポエイラという限定解除で。

自分自身がいいなぁと思える音を作れば
それをいいなぁと思う人も必ずどこかにいるでしょ

なんの先入観も無しにその音を聴いた人が
「いいなぁ」
「面白いなぁ」
「弾けるようになりたいなぁ」

と思えるようなモノを作れたらそれでいいやと、
ふっきれたここ最近です。

今年の出店にはビリンバウも並べて行くぞー!





売れる予感はけっこう有り〼


[PR]
by kei-grande | 2017-03-04 01:12 | Berimbau ビリンバウ | Comments(0)

枷を外す



人は有形無形様々な制約に縛られ生きる。


“光は闇にあってこそ
自由は不自由の檻にあってこそ
輝けるもの…”



自分を縛っているモノが何であるのか?
それは外すことの出来ない外してはならない縛り
であるのか否か“問う”
という行為が、
自由に生きるには必要なのではないかと思います。




f0257789_18391978.jpeg


-ビリンバウとは一弦の楽弓である-
との縛りを破る。

f0257789_18385433.jpeg
オリジナルには無い“柱(ジ)”を立て。

f0257789_18380378.jpeg
f0257789_18382690.jpeg
f0257789_18373316.jpeg
ほぼ拾ったままに、
“加工する”ことを放棄する。






“バイク禁止”という校則を破って
事故った、みたいな…

f0257789_20030779.jpeg
結果になりましたが。(T . T)




しかし、何であれそこで得た体験は枷を外さなければ得難く、
一回限りの生を
問い続けながら生きていきたいと
思うわけです。












[PR]
by kei-grande | 2015-11-12 22:40 | Berimbau ビリンバウ | Comments(0)