A→B
点Aから点Bへ進む とは
点Aから点Bへ退く とイコールだ
進化と退化は等価である
:大澤如一

得るモノが有れば失うモノが有る

進化の道は百花繚乱多種多様
でも
モトをたどれば?


始まりに還りたい
始まりの地点に着地したい

“何を得て何を失ったか”
ソレを知りたい



いったい俺はナニを作りたいのか
ナニをしたいのか

そのヘンがはっきりしてきたコノゴロ

〜木を彫った漢
“小林陽介”を悼む〜

木を彫ると掘るの違いはあっても
なんか似たモノを感じる
そういう漢でした


f0257789_19543635.jpeg

ジャンルレス
カテゴライズ不能
身のうちから湧き起こるエネルギーそのまま
一切の形式に捉われることのない原初の勢い
そんな印象

彼の魂は虚空へ還って逝ったけど
彼の命の輻射熱は
たくさんの命を加熱した

俺もまた加熱されたクチ

そういう漢でした

f0257789_20141109.jpeg

…どエライエネルギーを貰いました

有り難うありがとうアリガトウ



f0257789_19360284.jpeg




[PR]
# by kei-grande | 2017-11-24 20:25 | Outros その他 | Comments(0)

f0257789_19142711.jpeg

太鼓のこと
リズムのこと

緊張と弛緩の間を
ユラユラと揺らぎ踊るカラダのこと

バランスのこと
整体のこと

ぜーんぶ繋がってる
そういう感覚

機会を得てソレを前面に打ち出したWSの場をもたせて貰い




とにかく好評で
ホントやって良かった〜♪

f0257789_19155009.jpeg


リズム…
無色透明無味無臭
形なく手触りなしの主体不明のモノ
物質としては存在しない
ソレは身のうちを揺り動かすウネリ

太古の太鼓
原始の太鼓
神降ろしの太鼓
呪術的医療として働く音楽とはたぶんこういうことなんだと
原点はコレなんだろうな

そういう感触を
手応えを
確かに

得難い機会を与えて下さったご縁有る方すべてに感謝感謝、感謝!

f0257789_19171601.jpeg
f0257789_19183009.jpeg
f0257789_19194234.jpeg
f0257789_19225697.jpeg
f0257789_19234963.jpeg

f0257789_19344102.jpeg
f0257789_19360284.jpeg



[PR]
# by kei-grande | 2017-11-22 19:37 | Projeto 企画 | Comments(0)

f0257789_19531543.jpeg

雨のトヨロック
午前6時半

f0257789_19563227.jpeg

に向け太鼓を降ろし
チューニングセッション…


踊りも太鼓も結局のところ
カラダとリズムを合わせる
リズムにカラダをチューニングするってことだよね

合っちゃたら動かされちゃうよね
動かされちゃったら楽だよね

楽がイイよね

そういう音出したいね
そういう踊りしたいねぇ

みたいな感じでチューニング完了…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


-やっぱり姿勢悪いと良くないですよね-

じゃ良い姿勢になってみて
…さっきの姿勢と今の姿勢、どっちが楽?

-“良い姿勢”は無理してる感じ…“悪い姿勢”は楽です-

同じ生きるなら楽に生きたい?
無理して生きたい?

-そりゃ楽な方が良いに決まってますけど
やっぱり“良い姿勢”の方がカラダに良いような気がするんですけどぉー?

じゃその“楽な姿勢”
ずーとそのまま
たとえば10分そのままで!
って言われたらそれ楽?

-ぜんぜん楽じゃないッス

だよね
ある時点で“楽”な姿勢も常に楽であり続けることは絶対ない!
ということは…
楽な姿勢が楽でなくなって来たら次なる楽を探し求めて動き続けたらいい
つねに“楽”を求めて蠢き続けたら…
それは楽であり続けることにつながることない?


“楽”に決まった形はない
ソレはつねに動き続けてる
なぜなら命は一時も留まることなく蠢き続けるモノだから

変化と共にバランスし続けること
ソレが整っている状態っていうことなんじゃない?

…みたいな話を治療院に来てくれた方々とよくするんです


楽な状態に決まった形はない
つねに変化し続ける“楽”に意識のチャンネルを合わせ続けること
チューニングし続けること
これが整っている状態なんじゃないかなぁ〜
ソレはつねに現在進行形
ある形に留まらないコト…

というのが治療家を志して以来25年を越えた今辿り着いた地点
ソレが正解か不正解かはそれぞれの感覚による判断にお任せっていう
テキトーな感じの……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………チューニング:tuning!


楽…ラク…楽…楽しい

楽は楽しい
楽しいは楽

楽は痛くない
楽は苦しくない
楽は辛くない
楽はしんどくない
楽は心地好い
楽は気持ちイイ
気持ちイイは楽しい

楽しいモノコト
心地好いモノコト
気持ちイイモノコト

に意識のチャンネルを合わせる
チューニングするとき…
それが何であれ
体は整っちゃう!?

リズムとカラダがシンクロしたときの気持ち良さ!

それはやっぱり楽だし
ちょー楽しいし
ってことは
そのとき体は整っている!

んじゃないかなぁ〜
たぶんそういうことなんじゃないかなぁ〜

っていうWSを今度やります♪



沖縄で逢いましょう( ^ω^ )






[PR]
# by kei-grande | 2017-11-02 20:21 | Projeto 企画 | Comments(0)

身土不二・音土不二

f0257789_18020089.jpeg

身土不二…大地と身体は二つならず
音土不二…音もまた大地と二つならず

私たちの身体が大地の恵みを受けて命を育むように
大地の恵みから生まれる音を受けて命を育みたい
とそんな想いを込め…

昔はそれが当たり前
なんだって土地のモノで作る
それが当たり前

今じゃソレは有り難い
土地のモノは打ち捨てられ
まわりを見渡せば他所モノばかり

グローバル化は世界を近くした
しかし足下の土を
その足の裏に確かに感じる大地の感触を遠くした…

身土不二
…大地と二つならざる身

音土不二
…大地と二つならざる音

そういう音を作りたいと
想いを込めて

富士山麓の樹とケモノの皮で

f0257789_18035833.jpeg




[PR]
# by kei-grande | 2017-11-02 18:06 | Atabaque アタバキ | Comments(0)


30年間

…毎晩毎晩、晩酌しながら3時間かけて二丁の鉈を研ぐわけさ
最後に毛脛をこう剃ってフッと
毎日毎日1銭にもならない枝打ちに出掛けて
一本だけ伐って担いで降りて来る
それが唯一の現金収入なわけさ

三十年間そんな毎日を続けた親父の姿を見てたら
それを無下にはできん
その仕事を無下にするわけには行かんのさ…

f0257789_19383302.jpeg

“きこり”

山を育て水を守り国土を守る
という壮大な気概の下
無節の一本柱を育てるという超絶技術は
自然と人との関わりのバランスを執る超絶アート
親から子へ孫へと受け継がれる芸術
伝統芸術だ

その価値が報われることの少ないこの国の今は
とても貧しい時代なんだ
と思う

その技術が受け継がれて来たのは
その技術に対して正当に評価できる豊かな時代が有った証だから

失われゆく技術は多々あれど
人と自然とのバランスを察る技術
これは絶やして良いものではない
と思う一方…

そんなに簡単に折れるほど山の漢はヤワじゃない
壮大な気概は受け継がれている
というか山に惹かれる漢は
世襲関係なく
デカイ漢が多い

と感じたきこりフェス打ち上げの晩

山師
いろんな意味合いで使われる言葉だけど
発想が壮大
考えることがデカい


凄い人が山には棲んでる
山の人で「仙」
仙人は居る
現実に居る
お伽話の世界だけの話じゃない



[PR]
# by kei-grande | 2017-10-10 19:43 | Projeto 企画 | Comments(0)