茶碗一杯の米、三杯の水:ミャンマー水かけ祭り

f0257789_19344809.jpeg
この赤だったか

「ビルマの土は赤い…」のナレーションで始まる
映画『ビルマの竪琴』(モノクロ版)を思い出す


ミャンマーの色
夏用シャツ
これ着心地サイコーだから
頂き物

手織り
手染め
手縫い

距離を越え人の手を感じさせてくれるモノ




“理由、違います

僕たちの世代と
今の若いヤツら

若いヤツらは口開けば
「イチジカン イクラ デスカ?」
(ミャンマーと日本の貨幣価値は1:7 )
毎月5万送れたら
もうそれだけで大きいです
みんなそう思って日本くる
でも仕事厳しい
お金安い
難しい

若いヤツらは日本に居てもお金しか見てないです
日本の良いところ見る気持ちない
言葉難しいだから日本語話そうとしない
それじゃダメ
友達できないです

若い奴らは見る目がない

困ったとき助けてくれるのはお金じゃないよ
仲間だよ
難しい言葉わからなくても簡単な言葉で友達なれます
友達たくさんいたら仕事来る
お金勝手に入ってくる

1時間いくらの仕事しててもお金入ってこない
お金だけ見てたら生きる意味ないです

人生は楽しい一番
仲間いなければ
楽しくないです
仲間で助け合って仕事お互い回したら
お金は勝手に入ってくる

若いヤツらそこわかってない
若いヤツらは…”


f0257789_19534341.jpeg


と語るのは出稼ぎ世代ではなく亡命世代のゾーさん。

元学生運動のリーダーで国を追われ
地下ムエタイのファイターを経て
日本で事業を興し
名古屋ミャンマー人社会の顔役

「水さえあったら、御飯が茶碗一杯でもお腹膨れます、だから水大事!」
底を知ってる人の言葉はずっしりと地に着いた重み



言葉の問題と音楽って似てるな、とか思って
難しいこと喋ろうとしなくても
簡単なことで結構楽しめたり
楽しい時間を共有したら自然と仲良くなれるし

みたいな。

f0257789_19321420.jpeg

去年に引き続きの「ミャンマー水かけ祭り」
ユルくユルく出店

f0257789_19331388.jpeg

ミャンマーの若いヤツらにハセガワさんのヤバい仕事を
スゲー仕事を見せたいんだ
と声かけていただき

光栄です

なお励みます。



…映画のような人生もゴロゴロしてる
話を聴いてみると案外

面白い






[PR]
by kei-grande | 2017-06-16 20:06 | Projeto 企画 | Comments(0)