10年前の“私”
昨日の“私”
今日の“私”
今ここの“私”

同じようでいて
変化し続けている“私”…

『生き抜く力とは適応力、環境に合わせ変化出来る柔軟性だ』
:Mestre Tocano preto

生きるとは変化すること

日々刻々と移ろう環境の変化に
自らも刻々と変化を
日毎に刻々と
気分(気の分配・エネルギーバランス)に応じて
変化し続ける柔軟な生命であろうとすれば…


作り始めた太鼓も
当初の想定とは違う形になることもしばしば

…いや
ほとんど。

だいたい作りながら完成形イメージが変わって行くの。

たぶんその方が良いと思ってる
血の通ったモノ
命の宿ったモノが生まれると

そういう在り方であった方が
思って。


にしても今回のはコレまた
だいぶ変わりました。

最初はジェンベ作ろうと
ちっこい
カワイイ感じの

ところがここのところ急激にketteスタイルが大ブーム!
(俺のなかだけだけど)


こうなりました。

f0257789_23561541.jpeg
ちっこいけど

コロンと
ツルんと
カワイイけど

ごっつい系

f0257789_23570384.jpeg
皮の処理はややワイルド系

でも
ナニヨリカニヨリ
この音がハンパない

ちょっとしたタッチの差
ちょっとした叩く場所の違いで
何種類もの違う音が出てくる

まだコントロールして叩き分けるというほどの技術は持ち合わせていないけど
触り方の変化で変わる音の違いが面白くて面白くて

さらには
サイズに比例しないハンパない力強さ!




https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1636821593287252&id=100008782806069



なんでこんなにヤヴァいのが出来たのか?
いろんな要因はあると思うけど…


材、虫喰い穴の空いたヒノキ丸太
その内壁のランダムな虫喰い具合
気分で整えたコブレット型の外型

使ったシカ皮の部位、厚みや伸び具合

ketteスタイルのごっつい金具で
パッキンパッキンのカッキンカッキン
に張り込んだ

…いろんな要因がうまくマッチした。
たまたま。

そういう様々な要因に作用したのは
時々の気分なわけで。

そうなるとそれは偶然のようでいて必然?




なんにせよ



かなーーーーり遊べる
おっもしろい!太鼓

出来ました♪


良いご縁がありますように( ^ω^ )

f0257789_01370226.jpeg

f0257789_00323699.jpeg


ketteスタイルブーム
まだまだ続きます…




[PR]
# by kei-grande | 2017-01-21 01:53 | Outros その他 | Trackback | Comments(0)

今年も残すところあとわずか…

(とか書き始めて、歳を越してしまった、、、、

まぁ、そのへん、テキトー)



f0257789_23393162.jpeg

張替えや

f0257789_18410174.jpeg


修理




思い出の

想い入れの詰まったモノを

再び使えるように

“治す”

f0257789_23014158.jpeg

停まっていたモノガタリに

もう一度

命を吹き込む

f0257789_23033334.jpeg
f0257789_23051238.jpeg
f0257789_23060118.jpeg

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1628584674110944&id=100008782806069

イチから作る、始めるのはもちろん楽しいけど
モノガタリに途中参加させて貰えるのって
また違う楽しさと嬉しさ

根本的に
なんでも

“治す”

“調子いい状態にする”

そういうこと、好き。

なるほど、こういう締めくくりか
この一年は。
治す一年だったか……



とか

思ってたら!

30日の晩

一本の電話

「デカイのがね、獲れたんだけど、百ニ・三十キロくらいの。
明日の解体来れるかね?」

そんなん
声をかけていただければ行くシカないでしょ!
シシだけど。


f0257789_00331450.jpeg
f0257789_00343951.jpeg

f0257789_00362734.jpeg

脂が硬すぎてこりゃ食えんから皮の方に着けて落としちまえ
という猟師の言い分と

できるだけ皮に脂を残したくないんすよ
だって、どうせ後で取らなきゃなんないんならなるべく皮には少なく

という俺の言い分と、

せめぎ合いながらの皮剥ぎも、

滅多にないサイズに終始笑い声は絶えない。

収獲の喜び、
ヒトとしての根元的な喜びがそこにはあった。


そんなこんなで年末年始は、
一年の締めくくりも
新しい歳の始めも

ケモノとともに…

f0257789_00522402.jpeg

2017年もケモノづいて行きそうです!

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1630962153873196&id=100008782806069


f0257789_00532151.jpeg


猪はホント脂が凄くて大変だから
あんまりやりたくなかったんだけど…

みんな大物獲れて嬉しそうで、
シシは要りませんって言うのもなんだなぁ〜

っていう部分と
もう一つは、

f0257789_23051238.jpeg

↑今回使った皮
コレ猪





内山さんが遺した皮。

ここまで綺麗に仕上げるのってどうやったらいいんだろ?
っていう

探究心から。


…にしても大変。

臭いが鼻の奥に染み付いて…

重いんだなぁコレが

臭いが重いの

猪。


こういう体験すると、
皮の値段って
安過ぎる!

って思える。


ひたすら手間。

そして臭い。

感謝して使おうって思います。

そして、この仕事に見合う適正な価値をつけなきゃと。


“モノの価値を判断するには身体感覚が必要”だな

とか

歳の始め、
そんなことを頭によぎらせつつの太鼓日和


本年も宜しくお願いします。





[PR]
# by kei-grande | 2017-01-06 21:39 | Reparacao 修理 | Trackback | Comments(0)

f0257789_23111132.jpeg
f0257789_23143420.jpeg


立て続けですが

竹。





竹ほど無尽蔵な資源はないんじゃないかと

竹を上手いこと使ったら

使いこなせたら

なんだか世界はもうちょっと

バランス良くなりそう

とか

思いつつ

こんな簡単なモノしか

作れない

作らない

俺。


ま、簡単なところから

始めよ

f0257789_23152147.jpeg


https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1626000624369349&id=100008782806069





[PR]
# by kei-grande | 2016-12-28 23:24 | Reco-reco ヘコヘコ | Trackback | Comments(0)

f0257789_21333481.jpeg
f0257789_21343001.jpeg


kette drum

ケテ ドラム

ビンギドラムとも。

詳しくはこちら↓↓↓





極太の孟宗竹に極厚の猛々しい鹿皮を張った
Japanese style!

f0257789_21351516.jpeg

初めてこういう極太の孟宗竹を見たとき、
あ〜、こんだけ太ければ、もうこれだけでケテになるじゃん。
って思った。

実際、日本のケテドラム製作の第一人者。
Trench drumsの大ちゃんにも、
孟宗竹で作ってみたらいいじゃん♪
みたいな話したんだけど…

なんかいろいろ忙しいみたいで

なんで、畑違いかとも思って遠慮してた部分あったけど
気持ち抑えきれず
やっちまいました!

っていうか、
みんなやったらいい。

竹なんて腐るほど余ってるんだから
鹿の皮だって捨ててるんだから

f0257789_22450768.jpeg
f0257789_22454646.jpeg
f0257789_22462538.jpeg
f0257789_22470266.jpeg


見ての通り打面の割にこれでもかとゴツい金具で
厚めの皮を相当テンション掛けて締め上げてます。


音楽ってなんなんだろう?
ってふと考えるとき、
正確には感じるとき、

結局は身体の緊張を高めて行くか
緩めて行くかののどっちかの作用を
あるいは高めたり緩めたりの波
なんだと感じる。
どっちも最終的には緩むが終着点の気がするんだけど。

このケテ
ビンギドラムを生んだ歴史に意識を向ければ、
奴隷制という人類の暗い闇が背後に見える。

人が人を肌の色で差別し
取り替え可能な労働力として
消耗品として扱った

そういう人類の歴史のダークサイドが。

そういう意味では
アタバキとまったく一緒なんだよね。


そう、
奴隷という人の尊厳を無視した極限の環境に置いて
音楽が
太鼓が果たした役割とは?

それは身体を
過酷な環境に置いて
身も心もカチカチに固まった
防御反応から固まらざるを得ない
その凝り固まった身体
その緊張を緩めて一息つく

そういう時間が必要だった。
生きるためには。

音楽で身体を緩めなければ生きていられなかった。

そういう背景
なんだと
直感する。


で、
緊張がすんごく高い時、
ユル〜い波長に身体は同期出来ないのを感じる時がある。

そういう時は高い
カンカンに
キンキンに
テンションの高い波長の方が同期し易い。

それから
ベースに流れる低いユルい波長にも同期出来たり

また高く高く上り詰めて
最後に弛緩
みたいな。

この小さな打面に
これだけ締め込んだ太鼓の音に

そんなアフロジャマイカの現在進行形の身体の緊張の高さを伺いみたり
またこの音に心地良さを感じる自分自身の緊張の高さに気づいたり

なんかそんな勝手な妄想を
胴が孟宗なだけに。



にしても思ったのは

ケテって割とマイナーな太鼓
アタバキに並ぶマイナーな太鼓だと
思ってたけど

アタバキよりよっぽどメジャーじゃん!
アタバキよりも知名度高い!

ということに気づいたの。



…というわけで、

このタケケテ

これからもっと作り込んで行こうかな

アタバキよりも需要有りそうという
捕らぬタヌキの皮算用を…






https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1626639950972083&id=100008782806069





[PR]
# by kei-grande | 2016-12-28 22:53 | Outros その他 | Trackback | Comments(0)

ちっこいけど

f0257789_17594537.jpeg

“パンデイロじゃないよ”
シリーズ

f0257789_17585214.jpeg

ちっこいけど

アタバキっぽい音を目指して





いつも連れて歩いて

どこでも叩けるような

そんな感じ


車での移動中も膝の上に置いて叩ける!
(もちろん運転してる人はダメ!絶対!)

つねに手を鼓面で遊ばせたい人には必携の!


そんな感じの

ちっこいの

です。


f0257789_19540324.jpeg

毛もモシャとしてて愛らしい

f0257789_19545125.jpeg


判子まだ押してなかったわ
そういえば…


けっこう人気です。( ^ω^ )



最近、アタバキとセットで作ってます。

なので、
これからもアタバキ作るたびに一緒に作ると思います。
たぶん、シリーズ化決定。

f0257789_17184331.jpeg



https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1623287214640690&id=100008782806069


[PR]
# by kei-grande | 2016-12-27 21:59 | Outros その他 | Trackback | Comments(0)